軽自動車買取専門サイト。軽自動車の高額査定,下取り,廃車もお任せ!車買取中古車海外輸出のランクス

軽自動車専用 オンライン無料査定フォーム

sell car steps
 メーカー名 ※
 車種 ※
 初年度登録 ※  距離 ※
 型式    

」印は必須項目です。必ずご記入ください。

「軽自動車って高く買い取ってくれなそう・・・」
「女性が査定を頼むと安く見積もられそう・・・」
「次の車に乗り換えたいので高く買取って欲しい」など、
初めての方でも軽自動車売却を安心して行えるよう
お客様の愛車の売却をサポートさせていただきます。

軽自動車の歴史

軽自動車の規格

全長3.4m、全幅1.48m、全高2m、排気量660cc以下の4輪または3輪の自動車を軽自動車と割り当て、ナンバーを発行しています。

軽自動車の規格ができたのは昭和24年。もう50年以上も前から軽の規格は存在したのです。
しかし、この時の規格は全長2.8m、全幅1m、全高2m、排気量はなんと150cc以下という今では考えられないような規格でした。
その後排気量も150cc→300cc→360ccと拡大され、それに伴って現在のように軽自動車は特に地方を中心に庶民の足として普及していきました。

昭和24年の軽自動車企画 小さく非力だった軽自動車

軽のターニングポイント

軽自動車のターニングポイントとなった車・・・

軽=セカンドカー、というイメージを変えてしまう車が登場しました。

全高と全長の規格の拡大に目をつけ、この規格をギリギリまで利用して作られたスズキワゴンRです!有名ですよね♪
これまで常識だった「軽自動車は狭い」という固定観念をみごとに打ち破り、スタイリッシュでキュートなボディも人気となって大ヒットとなりました。このころから、軽自動車の新しい流れが始まります。

居住性と質感等が大幅に向上したことによって、軽をファーストカーに使う人が増えてきたのです。各メーカーが軽の市場に対して本気になって取り組んできていることがわかります。

昭和24年の軽自動車企画 小さく非力だった軽自動車

軽自動車の現在

高級車のみに許された贅沢装備が軽自動車に!

今では多くの装備が小型車と全く同じように装備されるようになり、キーフリーシステムや、電動スライドドアなど標準装備で用意されるようになりました。
「クルマは生活必需品」という概念に変わった今、軽自動車は、自動車税や重量税、自賠責保険が安く維持費が安いこともあって1人1台のニーズに応えていくことでシェアを伸ばしてきました。

まだまだ完成度を高める未来の軽自動車!

軽自動車は、まだまだ進歩しています!
メーカーのたゆまぬ努力のおかげで超低燃費を実現している車種も続々登場しています。今後も様々な技術が投入され多くの車が開発されていくでしょう。
軽自動車は、これからの車社会をリードしていく存在になりそうです!軽自動車をご売却のあなたへ、ご満足頂ける査定ができるように努力いたします。

軽自動車イメージ
トピックス
日本全国無料査定
日本全国で無料査定致します
(沖縄・離島を除く)
秘密厳守!即金買取!
名変確実! 手続き費用・引取
り費用は一切無料です!
残債でお悩みの方
一般ユーザーの方からはモチロン、ディーラー営業担当者の方からの直接お問い合わせも大歓迎!個人商店・中小企業の社長、総務ご担当者様も お気軽にどうぞ。
こんな車もご相談下さい
  • ■走行距離が5万km以上、 または年式が5年以上の車
  • ■車検切れや、他店で査定金額が低かった軽自動車
  • ■査定額がつかなかった、廃車をお考えの軽自動車